« 2008年6月3日 | トップページ | 2008年6月12日 »

2008年6月6日

2008年6月 6日 (金)

虹色のフェラーリ・レインボー! by 永大グリップ 1/28

Eidaiferrarirainbow1  これが噂の永大グリップの1/28フェラーリ・レインボーになります。 グリップ・テクニカシリーズでも1/43スケールが発売になっているのはご存知のとおりです。 どちらというとこちらの大スケールのほうが珍しいかもしれません。 画像でご覧のようにタルガトップの部分がシート後方に格納できるギミックを実車のように再現しています。

Eidaiferrarirainbow2_2  1974年に発表されたこのレインボーのベースはあのディーノ308GTです。したがってリアには8気筒エンジンが搭載されています。デザインはまたまたジゥジアーロなんですねこれが・・・。本当にこの時代はウェッジシェイプまっしぐらというのがよくわかります。 

Eidaiferrarirainbow3_2  ミニカーにしてもこの時代は本当にこのようなプロトタイプカーなどもどんどんモデル化されたよい時期でもあったわけです。とにかく見て触って憧れの車の造りを楽しめたことはすばらしい!!。   

最近の某ドイツ製のミニカーも精巧な作りでよいけれど走らせたりなどはとてもできないですもんね。(笑)        

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昆虫 = アルファロメオ カラーボ

Solidocarabo1  アルファロメオのプロトタイプカーの中でも特に目を引くのがこのカラーボではないでしょうか? 昆虫を意識したというデザインそしてボディカラーなども含めその特徴をうまく表現していると思います。この車のデザイナーこそマルチェロ・ガンディーニで実はこのカラーボをさらに昇華してさせていった形があのランボルギーニ・カウンタックであります。

Solidocarabo3   独特のガルウィング、真横から見たボディラインなど各所に共通のものが見つかると思います。カウンタックの場合は市販車ということで制約が多い中、ガンディーニは見事にその仕事を果たしたと言えるのではないでしょうか?

今回はフランス・ソリド社製のミニカーを紹介します。ガルウィングの開閉ギミックを持ちながらそのプロポーションはかなりいい感じです。ホイールもしっかりと作りこまれているのがわかります。再販などもされているモデルですので製造年代を問わなければ入手は比較的簡単だと思われます。

 一家に一台、ぜひアルファロメオ・カラーボをよろしくお願いします。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月3日 | トップページ | 2008年6月12日 »